金融機関から借入をした

金融機関から借入をした

お金が足りなくなったときに金融機関から借入をすることにしましたが、借り先は様々なので比較して銀行のカードローンに決めました。銀行を選んだ理由は金利が低くて負担を抑えられるからです。元々クレジットカードに申し込んだときに、緊急時に備えて10万円分のキャッシング枠を付帯させていましたが、それでは足りなかったので追加が必要になりました。

 

銀行から借入をする場合は審査が厳しく、時間もかかるのではないかと考え、すぐに借りられると言われている消費者金融の利用も候補になっていました。しかし、完済するまでに時間がかかる見込みだったので金利の高さは無視できません。そのため、銀行に申し込んでみて、落ちてしまった場合は消費者金融に申し込むことにしました。

 

銀行のカードローンも数が多いので、審査に通る確率を高くするために、給与振込口座にして取引している実績のある銀行から借入をしました。審査結果は即日ではありませんでしたが、当日に借りなければならない状況ではなかったので問題ありません。希望通りの限度額で契約できたので、1か所だけで不足している金額を補うことができ、返済の負担も抑えられています。

 

利用できるATMも多いので、この銀行を選んで正解だったと考えています。